シロアリ対策をする前に発生しやすい条件を知ろう!

シロアリの生態を知れば有効なシロアリ対策ができる シロアリの生態を知れば有効なシロアリ対策ができる

シロアリ対策の前に発生する時期や場所について知ろう!

シロアリ

シロアリ対策をするのであれば、まずはシロアリのことについて知っておく必要があります。いつ発生しやすくて、どんな場所を好むのかその生態について知っておくことで、より的確な対策をとることができるのです。

シロアリが発生しやすくなる時期って?

シロアリ対策をしておきたいんですけど、どの時期に発生しやすいですか?
特に発生しやすいのは4月から7月にかけてです。ただし、シロアリの種類によって少し時期にずれがあります。日本で特に多く見られているのはヤマトシロアリとイエシロアリなのですが、ヤマトシロアリは4月から5月、イエシロアリは6月から7月、が発生しやすい時期です。ただし、暖かくなってきた頃に発生するものなので、地域の気候によっては2月から6月頃に最も発生しやすくなることがあります。気温にも注意して、春先の暖かくなる前に対策しておいた方がいいでしょう。

どんな所に発生しやすいか

水回り
シロアリは湿った場所を好みます。そのため、お風呂や台所などの水回りには要注意です。また、水回りをタイル張りにしているご家庭も多いかと思いますが、これだと木材部分が見ないために被害に気付きにくいということが言えます。台所に床下収納がある場合は、こまめに換気をしないとあっという間に湿気が溜まり、シロアリが発生してしまいやすくなるので注意してください。
外回り
玄関やベランダは、シロアリにとって入口となる場所です。もし、玄関の近くに花壇を作っていたり、木を植えていたりするならより侵入しやすい環境と言えるでしょう。また、ウッドデッキを設置している場合も要注意。というのも、屋外に設置されるのでどうしても雨風に晒されることになり、木材が湿った状態になったり腐ったりしてしまいやすいためです。木材はエサとなりますし、シロアリは湿った場所を好むのでかなり発生しやすい環境と言えるでしょう。
室内
室内でシロアリが発生しやすいのは、天井裏や畳の部屋、家具の中でしょう。天井裏は雨漏りがしている状態だと特に発生しやすく、畳の部屋はイグサの匂いに惹かれてシロアリがやってくることがあるようです。また、家具に発生する場合は輸入家具であることが多く、外来種のシロアリが住みついている家具がそのまま輸入されてきてしまうことが原因と言われています。

シロアリが発生しないように前持って対策をしておこう

事前にシロアリ対策をしておけば、シロアリが発生してしまうリスクをぐっと下げることができます。基本となるシロアリ対策を簡単に紹介しておきましょう。

基本的なシロアリ対策

シロアリを家に寄り付かせない、住みつかせないためにはいくつかのポイントがあります。まず重要なのが、風通しをよくするということです。シロアリは湿気のある場所を好みますので、家に湿気をこもらせないためにも、常に風通しのよい状態をキープすることが大切です。また、シロアリのエサとなりそうな木材をなるべく置いておかないようにすることも、いいシロアリ対策になります。

シロアリ対策の重要性について知っておく事が大切

シロアリは発生を予防するのと、発生してしまったものを駆除するのでは大きな違いがあります。発生してしまってからでは大切な住宅がダメージを受け、費用も高くなりがちです。しかし、シロアリ対策によって発生を防いでおけば、住宅がダメージを受けることもありませんし、費用も抑えられるでしょう。

TOPボタン